印刷試験機

実験・体感できるショールーム 展示会情報 お問合せ

Kコントロールコーター

Kコントロールコーター

ワイヤーバーまたはギャップアプリケーターで、膜厚をコントロールします。
(wet4μ~)
正確で再現性のよいサンプルをすばやく作ることができます。
多くのインキ・塗料を塗布できます。品質管理、CCMデータの作成、R&D用に使われています。

特長

・圧力や速度をコントロールでき、再現性の高いサンプルを作ることが出来ます。
・バー、Kロックスプルーファー、マイクロメーター調節式アプリケーターを自動塗工試験することが可能です。
・使いやすく洗浄がしやすいです。
・塗布対象物:フィルム、紙、金属板/箔、ガラス、セラミック板
・塗物:ペースト、接着剤、スラリー、インキ、塗料

 

K202コントロールコーター

 

K101コントロールコーター

仕様

  K 101 K202 K303
スピード 2-15m/min 2-15m/min 1-39m/min
  無段階変速 無段階変速 デジタル設定
塗布面積 170×250mm 325×250mm 350×450mm
設置面積 400×500mm 400×500mm 690×410mm

 

●オプション品
1.加熱ベッド  2.バキュームベッド  ・マグネチックベッド

用途

・燃料電池・・・触媒塗布
・リチウムイオン電池・・・電極塗布
・インキジェットプリンター用紙・・・コーティング材塗布
・インキリボン・・・転写箔開発
・ディスプレイ(液晶、有機EL、PDP等開発)
・FPC(フレキシブルプリント基盤)開発
・光学フィルム開発
・レジストインキ開発
・光触媒コーティング材開発
・包材フィルム開発
・医療用フィルム開発
・印刷インキ開発
・塗料開発
・CNT溶液塗布
・ITO溶液塗布

注意事項

  • 製品の詳細説明、お見積り、ご購入の相談につきましては、弊社リーセントテクノDiv.の営業部門にお申し付けください。
  • 製品によっては同一日であっても在庫の状況が大きく変わる場合がございます。在庫の確認は極力ご注文の際にお願いいたします。

※ 受付時間は平日9:00~17:30となります。